デザイナーの私が2017年に始めてみた投資

Pocket

「投資=なんかすごい難しい」というアホ丸出しの固定イメージがあり、今までは保険でドル積立くらいしかしていなかった私ですが
「さすがにそろそろ現金(円)以外のアセットを持たなければ・・・。Fintechベンチャーにいるのに投資やったことありませんっていうの何か恥ずかしいし・・・・っていうか円預金してても全く増えないし・・・。」
という初心者丸出しの思考で、今年は円預金を色々なところに分散して投資を始めてみた一年でした。

 

投資に回す割合と、何のためにやるのかを考える

現在子供もおらず、まあまあ健康で、各種ローンや借金もないことを考えると、
当面生活に必要なお金やいざという時の貯金は最低限円にしておいて、
できるだけ運用に回したほうがお得だなあと考えて、資産の8割位を何らかの運用に回しました。

今年結婚したので、今後あるかもしれない子育てやマイホーム、あとはいつか行きたい大学院進学などの資金にしたいと思っています。
あとはゲームバー。ゲームバーやりたい。開業資金にしたい。
ゲームと言うものを通じてみんなが交流する場所がずっとあるといいよね、という話は夫と良くしています。

 

投資先を選ぶ基準

何も知識がないところから始めているので、いきなり個別銘柄の株を買ったりFXをしたりというのはハードルが高く、
「あまりそこに神経を使わなくて良い」ということをまず大事にしました。

1)とにかくお金のことを考えなくていい(日々の値上がり・値下がりにビクビクしないような投資がいい)
2)技術的に面白い、新しい
3)オンラインで完結できる(運用状況もオンラインで確認できる)

あたりを基準に色々な投資をはじめてみました。(といいつつビットコインとか持ってるので全く安定的ではないのですが)

 

国際分散投資ロボアドTHEO(テオ)

THEOは、まあ自社サービスなので使ってみないと、ということで、今年は全部で350万円程度入れてみました。こちらは運用成績など基本的に公開しています。


※2017年12月現在(+30万円程度)
大体半年ちょっとの運用で8%なので、年利10%超えるかな?という見通し。
これは理論値よりも高い値なので、THEOの運用をしてくれている運用部の方には感謝です。
少し前のものですが、他の社員の運用成績も公開されていますので興味がある人はどうぞ。

 
 

ソーシャルレンディング

現在使っているのはmaneoクラウドクレジットの2社です。
maneoは取り扱っている商品が多いということ、クラウドクレジットは海外投資ができるという理由で選びました。

ソーシャルレンディングは比較的新しい投資手法ですが、貸倒れのリスクなどもありしっかり投資先を選ぶ必要があります、基本的に現在までは大きな貸し倒れはなく安定的に運用されているようです。市場自体ではどうなるかわからないですが、興味本位でやってみてます。投資手法自体は簡単なのがいいなあと思いつつ、その運用内容などを深く知る方法があまりないので、今後はどうしようかな?と悩んでもいます。
ちなみにmaneoで投資していた2件は二つとも早期返済になりました。(予定半年が3か月程度)
クラウドクレジットは来年夏までの貸付なので、どうなるかなーとワクワクしています。

クラウドポートさんでソーシャルレンディング自体の比較もできるので興味のある人はどうぞ。

 

仮想通貨(6銘柄程度)

もともとは2013年くらいにビットコインを1万円分だけ買っていて(当時1BTCがそれくらいだったので)すっかり忘れていたのですが、今年の1月に久しぶりにビットフライヤーログインしたら「なにこれよくわからんけど増えとるやんけ!!!!???魔法???」
ってなってちゃんと興味を持って買い始めました。(始める動機がアホすぎるけどまあみんなこんなもんでしょ)

初期の頃は値上がり値下がりに一喜一憂していたのですが、途中からそれにも飽き、それよりも自分が良いと思う銘柄や技術的に期待できる銘柄を買って寝かせてたほうがいいな、と思い最近はほとんど持ってるだけになっています。
銘柄は、BTC,BCH,ETH,NEM,MONAあたり。
2018年はもう少し未上場のコインも少し買ってみたいな。

chiaは面白そうだねって話を会社でエンジニアとしていました。
割とみんなが新しいお金のあり方で盛り上がっているこの社会全体の雰囲気にはワクワクします。

 
 

確定拠出年金と積立NISA

これはまあ投資って言うのかわかりませんが、ようやっと401k始めました。iDeCoはMYDCで運用しはじめています。オンラインで分かりやすく申し込める、って大事だよなあと。楽天証券のiDeCoも書類だけ取り寄せたんですが、あまりの書類のわけわからなさに途中で放棄してしまいましたし。

積立NISAは来年1月から始まる新しい制度でやってみようかなと思いつつ、アクティブファンドはたったの14本しかないということで今後どうなるのか。私のような株式投資初心者で、長期の資産形成を目的としている人には入りやすいのかなあと思います。

 
 

その他、今後やってみたいもの

FOLIO
登録だけしてるんですが、まだ国内株のみなので購入を躊躇しています。外国株を取扱い始めたらVR事業とかe-sports株は投資してみたいなあ。今後楽しみにしています。

まあ色々やってみて思ったのは、今年は
1)投資の世界がどんどんユーザーに近いものになっている。おつり投資やワンタップバイのような端株を買えるものなど、手軽に参入できるサービスが増えていきそう。2018年はポイントで投資をするサービスも増えると思う。
2)オンラインが充実していないサービスは今後under30のユーザーには選ばれない。スマホアプリがないと無理。
3)2017年は仮想通貨の値上がりが異常過ぎて投資より投機が加熱してしまった
かなあ。

2018年はもう少し日本の金融業界自体にも詳しくなる必要が有ると思い、現在は証券外務員の勉強をちょこちょこやっています。
来年はどんな年になるのかなあ。THEOももっとユーザーさんに向けてわかりやすく、誠実なサービスであるべく改善していきたいなあと思っています。

 

色々読んだ入門書の中でこれはよかった。

 

それではみなさま良いお年を。

UI/UX Designer。東京で3年、USで2年働いた後にフリーランスとして活動。2017年から資産運用ロボアドバイザーTHEOの開発に携わっています。FP資格保有、暗号通貨もちょこちょこ。お金に詳しいデザイナーを目指します。休日トランペッター、インディゲーム好き。 ※お仕事のご依頼・お問合わせはTwitterかFacebookへどうぞ。 ※デザインと関係ないものはnoteに書いてます https://note.mu/akari61

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください